【PC版】無料のFX検証ソフト『Trade Interceptor (トレードインターセプター) 』 ダウンロードから使用方法を動画解説

この記事は5分で読めます

メッシです。

 

Trade Interceptor(トレードインターセプター)のダウンロード~使用方法を、スマホ版を例に数回にわたってお伝えしてきたのですが(下参照)、パソコン版での説明のご要望を数件頂いております。

Trade Interceptor ダウンロード~各種アイコンの機能説明

Trade Interceptor 基本的な操作方法について

Trade Interceptor 検証するための使用方法について

 

ということで今回はパソコン版Trade Interceptorのダウンロードについて解説していきます。

ダウンロード・インストール方法について

まずは下の公式ページからTrade Interceptorをダウンロードします。

→ Trade Interceptor公式ページ

 

 

 

下にスクロールし、“​​DESKTOP APPLICATIONS”からあなたのお使いのパソコン(Windows、Mac)を選択しましょう。

 

今回はWindowsで解説を進めていきます。

 

ダウンロードが完了したらTrade Interceptor を次はインストールします。

インストールを選択します。

 

 

そうするとインストールが始まるので終了するまで待ちましょう。

ここまででの手順でTrade Interceptor のダウンロード・インストールは完了です。

 

 

ログイン情報登録について

次にTrade Interceptor を使用するにあたってメールアドレスとパスワードを登録する必要があります。

メールアドレスとパスワードを入力したら”Sign up for free”をクリック。

ここで登録するものが後々ログイン情報になるのでメモをするなり控えてきましょう。

 

下の表示が出てくるので、必要事項を入力して”Register”をクリック。

※Confirm Passwordはパワスワードは同じパスワードを、Forex Experienceはトレードレベルを選択します(上から初級、中級、上級、プロ)

 

 

下の表示が出てきたら”OK”を選択すれば登録完了です。

 

 

登録したメールアドレスにメールが届いていると思いますので確認しておきましょう。

 

 

ログインについて

アカウント登録が終わったらTrade Interceptorに実際にログインしていきます。

 

ログイン時に3つの項目(Traders Gym、Demo、Live)から選んでログインするのですが、過去チャートから期間を選択して値動きを再現するのは一番左の”Traders Gym”になります。

 

”Traders Gym”を選択して”Login”をクリックしましょう。

※DemoはMT4と同様に現在レートが表示され、Liveは2017年3月現在は使用することができません。

 

 

ここまでの手順でTrade Interceptorが起動します。

 

 

Trede Interceptorを使用するには?

Trede Interceptorが起動したら、まずはアカウントを作成する必要があります。

ちなみにアカウントは複数作成できますので、用途に合わせて作成しましょう。

 

 

アカウント作成について

”Add Trading Account”をクリックしてアカウントを作成できます。

 

 

Name(アカウント名)、Deposit(仮想の証拠金)、Currency(円建て)、Leverage(レバッジ)を決めて”Create”をクリック。

 

 

左下にアカウントが作成されます。

 

 

アカウントを削除する場合は、アカウント内の歯車のアイコンをクリックし、”Deleate Account”を選択すると削除できます。

 

 

チャートの表示

アカウントが作成できたらチャートを表示させましょう。

 

”Symbol”で好きな通貨ペアを選択し、”Timescal”でチャートデータ(1回で動く値動きの細かさ)を選び、”OK”をクリック。

 

※Timescaleの選択する時間によって、チャートを表示できる期間が変わります(例えば1分を選択すると30日分しか期間がありません)。また、Timescaleで選んだ時間が表示される時間足になります。

 

 

チャートが表示されます。

 

 

チャートの見える範囲が狭いので、チャートを広げて見やすくしておきましょう。

 

 

インジケーターの表示

チャートが表示できたらインジケーターも表示させましょう。

 

下のインジケーターを表示するアイコンを選択すると、Indicatorsが表示されるので”Add Indicator”を選択し、表示させたいインジケーターを選んで”Add”をクリックします(ここではSimple moving average(SMA)を選択します)。

 

 

デフォルトではパタメーターが14になっていますので、パラメーターや色、太さなどを変更します。

 

 

ツール(水平線、トレンドライン、フィボナッチ、矢印、図形など)を描画するには?

チャート分析に使用するツールを描画するには鉛筆のアイコンから描画することができます。

 

 

時間足を変更するには?

時間足を変更するにはアカウントのすぐ上にある所(下の画像参照)をクリックして行います。

 

 

 

ここで知っておくこととして、先程チャートを表示する際に”Timescale”で選択した時間足よりも下位足を表示することができません。

ここでは先程”Timescale”で1hourを選択しているので、1時間足より下位足を表示することができないということです。

 

 

では、下位足に時間足を切り替える場合はどうすればいいのかと言うと、最初にチャートを表示する段階で1Minを選択しておけば全時間足の時間足に切り替えることが可能です。

 

しかし1Minを選択した場合、チャートを表示できる期間が1ヶ月間のみになりますので、検証する期間としては短いと思います。

一長一短になりますが、検証する用途に合わせて選択して下さい。

 

 

エントリー方法

エントリーするには注文方法が色々(成行、指値、逆指値など)あります。

 

まずは成行注文について解説します。

チャート上で右クリックをし、”Order at market”を選択します。

 

 

ロットを入力し、売りと買いのどちらかを選んで”Place Order”をクリックするとエントリーになります。

 

 

指値、逆指値で注文する場合は、”Pending Order”を選択して行います。

ストップロスやリミットはPipsの数値かレートの数値で設定するができます。

 

 

保有ポジションを確認するには?

エントリー後にポジションを確認するには、画面の左下の”Active”をクリック。

そうすると画面の下にポジションの情報が表示されます。

 

 

エグジット方法

エグジットする場合、画面したのポジション情報を右クリックして”Close Order”を選択するとポジションがエグジットになります。

 

 

トレード履歴の確認方法

ポジションを閉じた後に履歴を確認するには、左下の”History”をクリックするとトレード履歴が表示されます。

 

 

まとめ

FT2(FT3)ではVipデータを購入しても前日までのデータしか入手することができませんが、Trade Interceptorであれば相場の直前の値動きまで無料で再現することができ、特に優れているポイントだと思います。

 

Trade Interceptorは英語表記であり、使用方法が多少FT2(FT3)やMT4と違う所がありますが、使用するのに十分価値のあるものですので、是非今回を機に使用して頂ければと思います。

 

 

こういった便利なトレード検証ツ―ルの情報などを私のメルマガでもご紹介しているので、こちらからメルマガに登録しておいて下さい。

 



%e6%96%b0%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e8%aa%98%e5%b0%8e%e8%a8%98%e4%ba%8b%e4%b8%8b  

利益を上げ続けるために

逆算して身に付けていく3つのポイントとは?

 

Midas FX公式メルマガでは一つ一つポイントを絞ってわかりやすくお伝えしています

   

さらに「Trade Workbook」「レンジブレイクアウト攻略法」

より具体的なスキル(手法やマルチタイムフレーム分析力)を身に付けることが可能です

「Trade Workbook」と「レンジブレイクアウト攻略法」は

メルマガ登録後すぐ手に入ります

 

Midas FX公式メルマガ登録【今なら無料】

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
    • レン
    • 2018年 2月13日

    トレードしてるとチャート上に、エントリーした部分、エグジットした部分が増えてきます。
    トレード回数が増えると、長時間足になると、ほぼチャートが見えません。
    PC版ではShow Tradesのチェックで見えなくできたのですが、iPhoneではどうしたら消せますでしょうか?

      • メッシ
      • 2018年 2月13日

      レンさん
      コメント頂きありがとうございます。
      確かにPCではShow TradesをOFFにすることでエントリ―・エグジットは見えなくなりますが、私の知る限りではスマホではできないようです。
      お力になれず申し訳ありません…

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Midas FX公式メルマガはこちら

高勝率「MA転換ロジック」はこちらから

管理人:メッシ(飯塚)

Midas FX YouTube CHANNEL登録はこちら

youtubechannelバナー