【FX Q&Aコーナー #2】エントリーの機会損失を回避するには?

この記事は3分で読めます

メッシです。

 

今回で2回目になりますが、メッシのFX Q&Aコーナーを始めていきたいと思います。

※このQ&Aコーナーは、ブログやYoutube、そしてメールマガジンの読者の方からの質問に、どんどん答えていくQ&A番組になります

 

それでは、早速読者の方から頂いた質問にお答えしていきたいと思います。

今回のご質問はこちらになります。

 

メルマガ読者Bさん

エントリーしようと足が確定するのを待っていたら、確定前に足が伸びてしまい、リスクリワードが悪くなって入れないことがよくあります。

何か対策はないのでしょうか?

メッシ

エントリー足が伸びて確定するのか、それとも伸びずに確定するのかは、誰も事前に分かりません。

ですが、下位足のボリンジャーバンドを使ってエントリーを早める対策はできますよ。

 

より詳しい解説は動画をご覧下さい。

エントリ―足が伸びずに確定するか、伸びて確定するかは事前にわからない

例えば、あなたがWトップのネックラインでショートすると考えているとして、ネックラインでMA反発して陰線が確定したらショートエントリーをしたいとします。

 

MA反発した陰線が伸びずに短く確定してくれれば、損切幅が少なく済むのでエントリーは問題ありません。

 

 

しかし、MA反発した陰線が伸びて確定してしまうと、損切幅が大きくなってしまってリスクリワードが悪くなりますよね。

 

そういったことから、エントリーを見送らなければならないということになってしまうわけです。

 

しかし、エントリー足が伸びずに確定してくれるのか、伸びて確定するのかは事前にわかりません。

では、こういった機会損失を避けるにはどうすればいいのか、次で紹介していきます。

 

 

下位足の±2σを使って機会損失を避ける

下位足のボリンジャーバンド+2σを利用することで、エントリータイミングを早めることができます。

 

±2σが抵抗(サポートやレジスタンス)になるのは、MAが水平の時です。

 

MAが水平になると、ボリンジャーバンド±1σ~±3σも横向きになり、レートは一定の幅で往復して上下に動く特徴があります。

その一定の幅というのが、±2σになる傾向が多いわけです。

※±2σ内にレートが収まる確率が95.45%(文献によって多少違います)。

 

 

この特徴を活かし、MA反発場面でエントリータイミングを計る場合、下位足に落としてみるとMAが水平になっている状況がよくあります。

 

ある通貨ペアのある日時で、1時間足のMA反発場面を下位足に落として見ると…

 

この状況でショートは、下位足の+2σで陰線が確定して(ロングの場合は考え方が逆になるだけです)エントリーすることで、本来エントリータイミングを取るはずだったMA反発の足が確定していなくても、早めにエントリーできてしまえるわけです。

 

 

毎回MA反発と下位足の±2σが重なるというわけではない

上で解説したエントリー方法は、MA反発でエントリータイミングを取ろうとする時に、下位足のMAが水平であれば±2σが抵抗になりやすいので、その特性を利用したエントリー方法になります。

 

毎回、MA反発場面で下位足の2σが重なるということではありませんが、もし条件が重なるのであれば、私は本来MA反発でエントリーする足が確定する前に、下位足で早めにエントリーするようにしています。

そうすることで、足が伸びてしまってエントリーできないという機会損失は減らせますので。

 

こういったことから、1つの時間足だけでエントリーを考えるのではなく、下位足に落として見ることは重要だと思います。

 

 

以上が今回の質問に関する私の回答になります。

 

 

Q&Aコーナーではあなたからの質問を募集中です

いかがだったでしょうか?

このように読者さんからの質問に答えていくコーナーになります。

 

ちなみに質問に関しては、私のブログのお問い合わせフォームから送ることができるので、もし聞きたいことがあればいつでも送って下さいね。

 

 

それから、もしあなたがまだメルマガに登録されていなかったとしたら、このQ&Aコーナーやすぐに実践で使えるノウハウをメルマガでいち早くお届けしますので、ぜひメルマガに登録して頂ければと思います。

メッシのメルマガに登録する

 

では、今回のQ&Aコーナーはこれで以上になります。

それでは。

 



%e6%96%b0%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e8%aa%98%e5%b0%8e%e8%a8%98%e4%ba%8b%e4%b8%8b  

利益を上げ続けるために

逆算して身に付けていく3つのポイントとは?

 

Midas FX公式メルマガでは一つ一つポイントを絞ってわかりやすくお伝えしています

   

さらに「Trade Workbook」「レンジブレイクアウト攻略法」

より具体的なスキル(手法やマルチタイムフレーム分析力)を身に付けることが可能です

「Trade Workbook」と「レンジブレイクアウト攻略法」は

メルマガ登録後すぐ手に入ります

 

Midas FX公式メルマガ登録【今なら無料】

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Midas FX公式メルマガはこちら

高勝率「MA転換ロジック」はこちらから

管理人:メッシ(飯塚)

Midas FX YouTube CHANNEL登録はこちら

youtubechannelバナー