FXのロットを計算するのが簡単になるロット計算機”Position Size Calculator”

この記事は2分で読めます

 

このページでは、ロット計算機”Position Size Calculator”をご紹介していますが、提供側の証券会社の都合により、表示することができなくなってしまったようです。

そこで新たに違うロット計算機をご紹介しますので、ロット計算機を使用されたい場合は”面倒なロット計算はこれ!FXのロット計算が簡単にできるロット計算機”へお進み下さい。

 

 

※こちらがロット計算機になります

Position Size Calculator widget is provided by DailyForex.com– Forex Reviews and News

 

 

ロット計算機の使い方について

それでは、ロット計算式の使い方について説明していきましょう。

 

 

冒頭でもロット計算機をご紹介しましたが、こちらがロット計算機になります。
Position Size Calculator widget is provided by DailyForex.com– Forex Reviews and News

 

 

”いつも何となくロットを決めている””ロットの計算が面倒だ”という方は、損切り幅から逆算してこのロット計算機でロットを割り出す習慣をつけるようにして下さいね。

 

 

ロット計算機の使用する項目と説明について

入力する項目は、5つになります。

 

 

 

では、入力する項目が分かったところで例を見てみましょう。

 

例えば、証拠金が50万円でドル円のロングポジション(エントリーレートが100.00円で損切りレートが99.90円)を持つとした場合、どう入力すればいいでしょうか?

ロット計算機に入力してみて下さい。

 

 

5つの項目を入力してCalculateをクリックすると、以下のように数字が出てくると思いますが、”Standard lots”がトレードするロット数になります。

 

 

まとめ

今回はロット計算機であるPosition Size Calculatorをご紹介しました。

 

資金を飛ばしてしまうほとんどの方は、資金管理がちゃんとできていないことがほとんどです。

ですので、証拠金に対して2%の損失額になるよう、毎回ロットを計算してトレードをするようにしましょう。

 

トレードする際にロット適当に決めていたり、ロットの計算をよく間違える方は、ぜひ今回ご紹介したロット計算機を使用してみて下さい。

 

 



%e6%96%b0%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e8%aa%98%e5%b0%8e%e8%a8%98%e4%ba%8b%e4%b8%8b  

利益を上げ続けるために

逆算して身に付けていく3つのポイントとは?

 

Midas FX公式メルマガでは一つ一つポイントを絞ってわかりやすくお伝えしています

   

さらに「Trade Workbook」「レンジブレイクアウト攻略法」

より具体的なスキル(手法やマルチタイムフレーム分析力)を身に付けることが可能です

「Trade Workbook」と「レンジブレイクアウト攻略法」は

メルマガ登録後すぐ手に入ります

 

Midas FX公式メルマガ登録【今なら無料】

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

MOS(Midasオンラインサロン)はこちらから

今ならメルマガ登録で限定プレゼント!

Midas FX YouTube 公式チャンネル