【リスク管理】保健は必要ないが最低限の保証を

この記事は4分で読めます

メッシです。

 

健康のリスク管理(治療費や治療の選択)はしているでしょうか?

私自身、実際に闘病生活を送ってきた身として言うことができますが、有事の際に備えて最低限の保証(金銭面や治療面を考慮して)を得られるように対策はしておいた方がいいと思います。

 

最低限の保証と言うと、人によって様々違うと思いますが、今回は私の考える最低限の保証について先進医療特約を取り上げて説明していきますね。

保険には入った方がいいのか?

いつ病気になってしまうのか?当然のことですが、これは誰も予測することができません。

なので、こういった万が一の有事の際のために保険に入っている方がほとんどだと思います。

 

しかし、ある程度貯蓄があるのであれば保険に入らないことがベストです。(※もしくは一番安い保険を選んで入る)

 

では、なぜ保険に入らない・もしくは一番安い保険を選んで保険に入るべきなのか、理由を日本の実態に触れてお話していきましょう。

 

 

日本の保険料は高く、国債に関係している

保険に入らないほうがいい理由、それは保険がパチンコと同じで堂本が儲かる仕組みだからです。

日本の保険料は世界的に見ても高額であり、毎月保険料を支払うことで莫大な金額になります。

 

事実、保険は生涯で2番目に高い買いものなのです(※1番は住宅、3番は携帯電話の使用料金)。

 

では、なぜ日本の保険料は高額なのでしょうか。

 

 

日本が借金大国であることは周知のことだと思いますが、日本は国債をがんがん発行しており、保険会社や金融機関に無理くり買わせています。

※下図は生命保険会社の国債保有残高一覧(緑の純資産に対し、青の国債保有高の方が圧倒的に多い)

そのため、利回りの低い国債では保険会社が十分な利益を上げることができず、顧客の保険料に上乗せして販売をしてきたんですね。

そういった背景から、世界的に日本の保険料が高額になったわけです。

 

そのような仕組みから保険会社の儲けが優先されるので、顧客が必要で状況に合った保険に加入できていません。

高額な保険料を支払っているのにも関わらず、必要の無い保証や特約が付いた保険に毎月お金を支払ってしまっているというのが実際のところなのです。

 

そもそもあなたが加入している保険は、自分が理解して選択したプラン・特約ではなく、保険屋に勧められたものではないでしょうか?

 

 

月に約8万円しかかからない

あなた自身を含め、家族が病気で入院をしたことがなければ分からないかもしれませんが、1ヶ月入院して手術を何回したとしても、月に約8万円しかかかりません(差額ベッド代や食事代は別でかかります)。

 

これは健康保険で適応になる高額療養費制度があるからなのですが、それ以上の治療にかかる金額は、国が負担することになっています。

ですので、ある程度貯金があるのであれば、医療保険に加入していなくても大丈夫なのです。

 

 

 

 

最低限の保証とは?

月に8万円の負担で済むのは、あくまで高額療養費制度が適応になる範囲での話です。

 

現在、日本では少子高齢化による医療費の増大から、国が医療費を支払わなくていいように保険証を使えなくしてきています。

そのため、もし、あなたが健康保険の適応にならない病気になってしまったら…その時は先進医療を受けるために、莫大な治療費を自費で負担しなければなりません。

 

なので、保険証が使えない病気になった時のために、最低限の保証として先進医療特約に加入するべきだと思います。

 

 

先進医療とは?

先進医療とは、厚生労働大臣が承認した先進性が高く、高度な医療技術を用いた治療法のことです。

健康保険が適応にならない(使うことができない)ため、先進医療を受ける費用は全額自己負担となります。

 

 

今現在、すでに100種類を超える治療法がこの先進医療という枠に入れられてしまっている状況です。

 

 

先進医療特約について

先ほども言いましたが、先進医療を受けるには高額な治療費を自費で負担しなければいけません。

しかし、先進医療特約に加入していれば最先端で高度な治療を無料で受けることができます。

 

こう聞くと、先進医療特約に加入するには高いお金を支払わなければならないと感じるかもしれませんが、どこの保険会社でも月に約100円で付けることができます。

ですので、ぜひ利用するべきではないでしょうか。(※約100円で2,000万円まで保証されます

 

こういったことから保険に加入している方は、先進医療特約が付いているか付いていないかを確認してみて下さい。

保険に加入していない方も、先進医療特約単体で入ることができるようですので、最低限の保証を得るために加入をお勧めします。

 

 

先進医療特約はほぼほぼ誰でも使う時が来ますし、トレードをするのであれば必ず知っておくべきなので、その例を次でお話します。

 

 

先進医療特約は誰でも使う時が来る

※私の眼科医の知人の話を元に説明します

髪の毛が白髪になるのと一緒で、誰にでも起こりうる老化現象なのですが、目の中にある水晶体(レンズの役割をする)が濁ってしまい、視界が見えにくくなる症状です。

 

ある統計によると、白内障になる年代の割合は以下の報告があります。

・50歳代:37~54%

・60歳代:66~83%

・70歳代:84~97%

・80歳以上:ほぼ100%

 

 

白内障は薬で治すことができないので、最終的には手術をする以外の方法がありません。

白内障の手術は年間で140万件も行なわれており、最も日本国内で行われている手術の1つです。

 

 

白内障の手術は濁ってしまった水晶体を取り出し、その代わりに人工のレンズ(※)を入れる、という方法で行います。

※単焦点眼内レンズ(遠方もしくは近方のどちらかにしか焦点が合わない)と多少点眼内レンズ(遠方と近方どちらにも焦点が合う)のどちらかを選択することが可能

 

ここであなたに考えてもらいたいのですが、あなたならどちらを選択するでしょうか?

①遠方と近方どちらにも焦点が合う手術

②遠方もしくは近方のどちらかにしか焦点が合わない手術

 

 

①の手術を選択する場合、先進医療治療になるため100万円かかりますが、②の手術を選択する場合、高額療養費制度で8万円くらいになります。

しかし、もし先進医療費付き医療保険に入っていれば、①の手術でも実費負担は0円になるのです。

 

 

ぜひ、最低限の保証をするために先進医療をチェックしてみて下さい。

 



%e6%96%b0%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e8%aa%98%e5%b0%8e%e8%a8%98%e4%ba%8b%e4%b8%8b  

利益を上げ続けるために

逆算して身に付けていく3つのポイントとは?

 

Midas FX公式メルマガでは一つ一つポイントを絞ってわかりやすくお伝えしています

   

さらに「Trade Workbook」「レンジブレイクアウト攻略法」

より具体的なスキル(手法やマルチタイムフレーム分析力)を身に付けることが可能です

「Trade Workbook」と「レンジブレイクアウト攻略法」は

メルマガ登録後すぐ手に入ります

 

Midas FX公式メルマガ登録【今なら無料】

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

今ならメルマガ登録で限定プレゼント!

高勝率「MA転換ロジック」はこちらから

管理人:メッシ(飯塚)

Midas FX YouTube 公式チャンネル