MT4の基本的な使い方とは?FX初心者にわかりやすい操作方法を動画解説

この記事は5分で読めます

メッシです。

 

MT4の操作は色々と覚えることがあり、覚えるまでは複雑に感じることがあるかもしれません。
しかし、意外と慣れてしまえば意外と簡単に操作できますのでここでは覚えておくべきMT4の基礎的な操作方法について解説していきます。

 MT4の画面の構成について

MT4のダウンロード・インストールが完了すると下のように自動的にMT4が立ち上がります。
MT4インストールデフォルト

 

 

まずはMT4の構成画面の名称と役割を確認していきましょう。

MT4構成画面

 

・①メニューバー

MT4の全ての操作がこのメニューから呼び出すことが可能。

 

・②ツールバー

主要な機能を抜粋したものをアイコンで表示。

 

・③気配値表示ウィンドウ

取引通貨ペアの情報を表示。

現在の取引通貨ペアの売値と買値のレートが一覧で表示される。

 

・④ナビゲーターウィンドウ

テクニカル指標(インジケーターやオシレーターなど)やEA(自動売買プログラム)がここに表示される。

 

・⑤チャートウィンドウ

選択した通貨ペアのチャート情報を確認できる。

 

・⑥ターミナルウィンドウ

取引、口座履歴、アラーム設定、メールボックス、操作履歴などの情報を確認できる

 

 

MT4では右上にあるチャートウィンドウ、左上にある気配値ウィンドウ、左下にあるナビゲータウィンドウ、下部にあるターミナルウィンドウの4種類のウィンドウを操作して取引を行うのことが基本的な使い方になります。

 

また、各種ウィンドウは表示・非表示が可能ですので、メニューバーの”表示”から表示したいウィンドウにチェックを入れて非表示にしたいウィンドウはチェックを外しておきます。

 

 

MT4の基本的な操作説明

ここでは基本的な操作説明ということで最低限押さえておきたい操作について解説していきます。

 

・チャートを表示するには

まず新規チャート(チェックしたい通貨ペアのチャート)を表示するには、メニューバーの”ファイル”から”新規チャート”をクリックしてその中から通貨ペアを選択します。

MT4操作新規チャート  MT4操作通貨ペア

 

※表示したい通貨ペア見当たらない場合は、上の右の画像の中のForexを探してみましょう。

 

 

・チャートを再表示するには

チャートの右上の×で間違えてチャートを消してしまった場合

MT4操作×

 

メニューバーの”ファイル”から”チャートの再表示”で消えてしまった・消した通貨ペアが表示されるので、探して再表示させることができます。

※一番上の通貨ペアが直近の通貨ペア

MT4操作チャートの再表示

 

 

・バーチャートからローソク足へ表示を変える

MT4は新規でチャートを表示した時に、デフォルトではバーチャートになっていますので

MT4操作デフォルトバーチャート

 

ローソク足にしておきましょう。

MT4操作ローソク足へ変更

 

 

・チャートの拡大と縮小の仕方

チャートの表示をお好みで拡大したり縮小したりすることができます。

 

左が縮小したチャート、右が拡大したチャート

MT4拡大縮小

 

 

・チャートを重ならないように表示させるには

チャートを複数表示すると重なってしまって見えずらくなってしまいますよね。

 

そのため、チャートが重ならないように表示するには”ウィンドウ”からチャートの表示の仕方を選ぶことができます。(下のチャートは垂直分割表示)

MT4操作チャートの整列

 

ウインドウの整列に限っては、ツールバーからでも表示させることができます。

MT4操作ウィンドウの整列

 

 

・オートスクロールとチャートシフト

オートスクロールがオンになっていると、

MT4操作オートスクロール

チャートの過去のデータを見たい時に過去のデータを見ようとしても自動で現在レートが表示されてしまいます。

 

そのため、過去のデータを見たい時にはオートスクロールをオフにしておきましょう。

 

チャートシフトをオンにすると現在レートの右にスペースができ、チャートシフトをオフにすると現在レートが右に寄ります。

※左がチャートシフトオフ、右がチャートシフトオン

MT4操作チャートシフト

 

 

・テクニカル指標を表示するには

チャートにテクニカル指標(インジケーターやオシレーター)を表示するにはメニューバーの”挿入”から”インディケータ”を選択し、”トレンド””オシレーター”から表示したいテクニカル指標を探します。

※ツールバーの”インディケータリスト”からでも同じ操作がきます

MT4操作インディケータリスト

 

 

・チャートの時間足を切り替えるには

チャートの時間足を切り替えるには、ツールバーの赤枠の時間をクリックするか”周期設定”から時間足を選択して切り替えることができます。

MT4操作時間足

 

 

・チャートを定型として保存するには

チャートに色々とMAやボリンジャーバンドといったテクニカル指標を表示して自分の好みのチャートを作りますよね。

 

新しい通貨ペアのチャートを表示した時に、いちいちまた最初から表示の設定をしなければならないのかというとそんなことはありません。簡単にチャートを救ることができるんですね。

 

自分好みのチャート表示の仕方を他のチャートにも反映させたい場合は、”チャートの定型の設定”からテンプレートとして保存しておく必要があります。

”チャートの定型の設定”から”定型として保存”を選択すると

MT4操作定型保存

 

名前をつけて保存が表示されるので、ファイル名に名前を付けて保存しておきましょう。

MT4定型保存の保存

 

上で定型として保存したものを他のチャートに表示を反映するには、反映させたい通貨ペアを選び、ツールバーの”チャートの提携の設定”から先程保存したファイル名をクリックするだけで表示されます。

MT4操作定型保存を反映させる

 

 

・十字カーソルについて

十字カーソルはチャート上に十字線を表示(現在のマウスの位置を知れる)したものになります。

ツールバーの左の方にありますが、チャート上でマウスのホイールを押し込んでも表示させることが可能です。

十字カーソル

 

この十字カーソルは、チャート上で左クリックをしてそのままドラッグすると3つの数字が表示されます。

十字カーソル3つの数字

左の数字がローソク足の本数、真ん中がpips、右がレートの表示を表しているんですが、これはドラッグした地点からの数字になります。

 

 

・垂直線・水平線・トレンドラインを引くには

ツールバーから各種引くことができます。(ライン等を消す場合はBack Spaceキーか、消したいラインをダブルクリックして削除を選択)

MT4操作ライン等

 

また、垂直線や水平線、トレンドラインは太さや色など変えることができます。

太さや色を変えたラインをダブルクリックして選択状態にし、右クリックしてプロパティを選択します。(下の写真は水平線の例)

MT4操作ライン等プロパティ

 

”全般””スタイル”から色や色や太さをお好みで変えてみましょう。

MT4操作スタイル

 

 

・チャネルライン・フィボナッチを引くには

チャネルラインやフィボナッチリトレースメントを引くには、ツールバーの赤で囲った所を選択して引くことができます。

MT4操作チャネルフィボ

 

 

・チャートにメモをするには

チャート上にメモをするにはツールバーの”テキストを作成”をクリックし、”テキスト”に表示したいメモを入力して”OK”をクリックするとテキストに入力した言葉が表示されます。

MT4操作テキスト

 

 

・矢印等を表示するには

チャート上に矢印などを表示するにはツールバーの”矢印等を表示”から表示したいものを選択します。

MT4操作矢印等を表示

 

 

・ツールバーに項目を増やすには

ツールバーに表示されていない項目を表示しておくと、ワンクリックでチャートに表示できるようになります。

 

例として長方形をチャート上に表示したい場合、本来であればメニューバーの”挿入”から”図形””長方形”を選択する手順ですが、

MT4操作挿入から図形

 

ツールバーに長方形を追加しておくと、ワンクリックで挿入することができるようになります。

ツールバー上で右クリックをして”カスタマイズ”を選択。

MT4操作カスタマイズ

 

ツールバーのカスタマイズが表示されるので、左の非表示の項目からツールバーに追加したいものを選んで”挿入”をクリックすることでツールバーに項目を追加でき、ワンクリック挿入が可能になります。

MT4操作ツールバーのカスタマイズ

 

 

・チャートの色などを変えるには

チャート上で右クリックを押して”プロパティ”を選択します。

MT4操作プロパティ0

 

チャート表示の色を変えるには”色の設定”から色を変更し、

MT4操作プロパティ1

 

チャートにグリッドや期間区切りを表示するには”全般”から行っていきます。

MT4操作プロパティ2

 

 

・日付を指定して過去データを見るには

過去データを見たい時に、数年前、数か月前のデータを探しに行くのは大変です。

 

すぐに過去データを表示するには、チャート上でEnterキーを押して左下に入力欄を表示します。

MT4操作チャート上でエンター

 

見たい過去データの日付を入力(例 2014.1.1)してEnterを押すと、表示されたチャートの一番左側の情報が入力した日付の情報になります。

 

注意することとして、日付を入力する際はオートスクロールをオフにしておきましょう。せっかく日付を入力しても現在のチャートが表示されてしまいますので。

 

 

 

以上、MT4の基礎的な使い方を説明してきましたが、一度に覚えようとしても難しいと思います。

操作方法については使用しているうちに自然と身に付きますので、色々と操作をしてみて下さいね。

 



%e6%96%b0%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e8%aa%98%e5%b0%8e%e8%a8%98%e4%ba%8b%e4%b8%8b  

利益を上げ続けるために

逆算して身に付けていく3つのポイントとは?

 

Midas FX公式メルマガでは一つ一つポイントを絞ってわかりやすくお伝えしています

   

さらに「Trade Workbook」「レンジブレイクアウト攻略法」

より具体的なスキル(手法やマルチタイムフレーム分析力)を身に付けることが可能です

「Trade Workbook」と「レンジブレイクアウト攻略法」は

メルマガ登録後すぐ手に入ります

 

Midas FX公式メルマガ登録【今なら無料】

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Midas FX公式メルマガはこちら

高勝率「MA転換ロジック」はこちらから

管理人:メッシ(飯塚)

Midas FX YouTube CHANNEL登録はこちら

youtubechannelバナー