MT4のダウンロード・インストール方法とは?注意するGMTや日足の本数を解説

この記事は3分で読めます

メッシです。

 

トレードチャートを監視するのにMT4を使用されている方も多いと思いますが、MT4を使用するうえで気をつけておきたいことがいくつかあります。

 

そこで今回はMT4のダウンロードの仕方と気をつけておきたいポイントについて解説していきます。

取引ツールは何がいいのか?

テクニカル分析をするのであればチャートが必要になってくると思いますが、チャートは使いやすく便利な機能であった方がいいですよね?

お勧めなのはMT4というロシアのMeta Quotes Software(メタクォーツソフトウェア)社が開発した無料で使うことができる優れた機能のFXトレードソフトです。

 

ここで知っておくこととして、MT4といっても証券会社によって実は違いがあるんですね。そのため、MT4を使用するのであれば何点か気をつけることがあるので、解説していきますね。

 

 

MT4を使用する際に気をつけるポイントとは?

気をつけるポイントとして

・国内の業社と海外業者の取引ツールの違い

・GMT

・日足の本数

などがあります。

 

 

国内の業社と海外業者の取引ツールの違い

一般的に国内業者であれば、各FX業者が提供している取引ツールで注文や決済を行います。MT4を提供している国内業者は少ないんですね。

 

国内業者で口座を開設した場合にMT4が使えないのかというと、そうではありません。

注文や決済だけ口座開設した証券会社のツールを使い、MT4を他の業者からインストールしてチャート分析や監視を行うという方法があります。

 

海外の業者であれば業者独自で開発した取引ツールはほとんど無く、提供しているものはMT4なので注文や決済などは基本的にMT4から行います。

 

 

GMTについて

GMT(Greenwich Mean Time)とは日本ではグリニッジ標準時と訳されますが、これは世界の基準時間のことです。

グリニッジはイギリスの軽度0度にある都市名でイギリスではGMT+0で表されます。

※ちなみに日本はイギリスと時差が9時間あるので、GMT+9になります

 

MT4とGMTに何の関係があるのかといったように思うかもしれませんが、MT4で表示される時間というのはその業者のサーバーがある国の時間で表示されます。

そのためMT4を使用する際は日本時間ではないので、慣れが必要になります。

MT4の時間表示

MT4にはGMT+0、GMT+2、GMT+3、GMT+9など色々とありますが、多くの人が使用しているGMTのMT4を使用することがいいでしょう。

 

例としてGMT+9であれば、日足の始値は日本時間の0時になります。日足の始値が日本時間の0時というチャートを意識する人はどれだけ多いでしょうか?

そういったことを考えると、GMT+9ではないチャートの方がいいと言えますよね。

 

GMT+0であれば相場に動きが出る要因となりやすいロンドン勢がこの時間のチャートを見ているので、多くの人が使用しているといえます。

 

またGMT+2やGMT+3のMT4は日足の始値が0時で、終値が24時になります。

日本の証券会社は6時や7時に取引が開始されることが多く、その時間が日足の始値になります。

GMT+2やGMT+3であれば午前0時の時は、日本は午前6時か7時なので一緒の時間帯です。

 

こういったことからGMT+0、GMT+2、GMT+3であれば比較的どれでもいいと思います。

 

 

日足の本数

相場は土日はクローズしているので、1週間で相場がオープンしているのは5日ですよね?

そう考えると日足の1週間の本数も5本であった方がいいということになります。

 

しかし、業者によっては日足が1週間で6本になってしまう業者があります。

 

なぜ6本になってしまうのかというと、為替相場の1週間の終わりというのは金曜日のニューヨーク時間の17時で終わりになりますが、東京時間であれば土曜日の午前7時(サマータイムでは6時)になります。

ここで東京時間にチャートを合わせると、0時から朝までの数時間の日足が形成されてしまいます。わずか数時間の日足のローソク足ができてしまうことでチャートが変わってしまいますし、わずか数時間の日足を意識する人は少ないので、MT4は日足が5本のものにするようにしましょう。

 

 

MT4をインストール

では実際にMT4をダウンロード・インストールしてみましょう。

ここではGMT+2で、日足が5本であるFXCMのMT4のダウンロード、インストールについて解説していきます。

 

①まずFXCMのサイトにアクセスします

 

②画面を下にスクロールして”Meta Trader4 ダウンロードはこちらから”をクリックします

MT4ダウンロード1

 

③PC画面の左下に”FXCM-MT4Install.exe”がダウンロードされるので、クリックします

 

MT4ダウンロード2

※PCによっては”FXCM-MT4Install”の場合もあり、ダウンロードの警告が出た場合は”はい”を

選択してダウンロードします

 

④同意する所にチェックを入れ、”次へ”をクリックします

MT4ダウンロード3

 

”完了”をクリックします

MT4ダウンロード4

 

⑥自動的にMT4が立ち上がります

これでMT4のダウンロード・インストールは完了です。

お疲れさまでした。

 

 

まとめ

今回はMT4のダウンロード・インストール、GMTなどについて解説してきました。

GMTが違うと日足の本数が変わることを説明しましたが、それ以外にもGMTに関係なく証券会社によって短期足のローソク足に違いが見られること(特に指標時の足)もあります。

MT4の操作方法は基本的に一緒ですが、気になる方は複数MT4wダウンロードして見比べてみるといいですね。

 



%e6%96%b0%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e8%aa%98%e5%b0%8e%e8%a8%98%e4%ba%8b%e4%b8%8b  

利益を上げ続けるために

逆算して身に付けていく3つのポイントとは?

 

Midas FX公式メルマガでは一つ一つポイントを絞ってわかりやすくお伝えしています

   

さらに「Trade Workbook」「レンジブレイクアウト攻略法」

より具体的なスキル(手法やマルチタイムフレーム分析力)を身に付けることが可能です

「Trade Workbook」と「レンジブレイクアウト攻略法」は

メルマガ登録後すぐ手に入ります

 

Midas FX公式メルマガ登録【今なら無料】

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Midas FX公式メルマガはこちら

MA転換ロジックはこちらから

管理人:メッシ(飯塚)

Midas FX YouTube CHANNEL登録はこちら

youtubechannelバナー