FXでエントリー後すぐに利益が乗らない…を避けるには?トレンド転換とトレンドフォローのボリンジャーバンドの見方

この記事は3分で読めます

メッシです。

 

エントリー後、すぐに利益が乗る場合と乗らない場合などあると思うのですが、すぐに利益が乗らなかった場合に「相場次第だからしょうがない」と安易に片づけてしまっていませんか?エントリーした際、すぐに思惑の方向に行かなかったり、損切りになってしまう場合はこのページでお伝えするトレンド転換とトレンドフォローのボリンジャーバンドの考え方に注意を向けてみて下さい。

balloon-912841_640

エントリーの際に気をつけることとは?

トレンド転換を狙う場合とトレンドフォローを狙う場合では、ボリンジャーバンドに注意を向けているでしょうか?トレンド転換を狙ってエントリーする場合と、トレンドフォローでエントリーして行く場合、注意しなければいけないことにボリンジャーバンドの傾きがあります。

 

まず前提として知っておくべきことは、レートの進行方向に対して逆向きのボリンジャーバンドはレートが抜けにくい(抜けるには時間がかかりやすい)という特徴を押さえておく必要があります。

 

・ボリンジャーバンドの抜けやすさ(レートが上昇時

ボリンジャーバンドの傾き.(上昇)

 

 

・ボリンジャーバンドの抜けやすさ(レートが下降時

ボリンジャーの抜けやすさ(下落)

 

※ボリンジャーバンドの特徴について他にも詳しく知りたい場合はボリンジャーバンドのトレードに有効な見方とは?をご覧下さい

 

 

ではエントリーする際を考えてみましょう。進行方向と逆向きのボリンジャーバンドが間近にあると、エントリーしても狙った思惑の方向に進みづらいということになり、利が乗るまで(逆向きのバンドを抜けるまで)時間がかかってしまうということになります。

 

しかし、全時間足のバンドが同じ方向(トレンドの方向が一緒)という相場は少なく、どこかしらの時間足でレートの進行方向と逆向きのボリンジャーバンドが障害物となっていることが傾向的に多いです。どこかしらの時間足で逆向きのバンドが障害物になっているのであれば、先程のボリンジャーバンドの特徴からエントリーをためらってしまうことになると思いますが、全てエントリーをためらっていたらトレードをすることができなくなってしまいます。

 

ここでエントリー時(トレンドフォロー、トレンド転換)のボリンジャーバンドの傾きについて考え方を見ていきましょう。

 

 

トレンドフォローとトレンド転換でボリンジャーバンドの傾きの考え方は違う

結論から言ってしまうと

・トレンドフォローでエントリーする際、逆向きのボリンジャーバンドが間近にある場合はエントリーを見送る

・トレンド転換でエントリーする際、逆向きのボリンジャーバンドが間近にある場合は気にせずエントリーしていく

ということです。

 

実際にチャートを見て理解を深めていきましょう。

※これから例として表示する①~④のチャートは各時間足を表示したチャートです。分割した時間足の配置は下の画像を参照下さい。

マルチタイム説明

 

 

トレンドフォローでエントリーする場合

下のチャートを見てトレンドフォローでエントリーする場合を考えてみましょう。

 

トレンドフォローとボリンジャーバンド1

 

①のチャートでショートエントリーを考える場合、注目してほしいのは4時間足(チャート内の赤い四角)です。ボリンジャーバンド-1σが上向きで障害物となってしまっているのを確認できると思います。

 

トレンドフォローでエントリーを考える場合、こういう逆向きのボリンジャーバンドに気をつけなければならないんですね。特に4時間足などの大きい時間足の逆向きのボリンジャーバンドは一回で抜けづらく、レートが抜けていく(下がる)にしても一旦反発(上昇)した後に抜けていく傾向が多いからです。

 

 

では、①のその後のチャートを見てみましょう。

 

トレンドフォローとボリンジャーバンド2

 

4時間足を見ると上向きの-1σで反発して上昇しているのを確認できると思います。

 

こういったように短期足でトレンドフォローを狙う場合は、上位足の逆向きのボリンジャーバンドが障害物となってしまうので、エントリーを控えるようにすることが無難です。

※上位足の逆向きのボリンジャーバンドまで幅がある場合は、そこまでを狙いに行くのであればOKです

 

 

トレンド転換でエントリーする場合

下のチャートを見てトレンド転換でエントリーする場合をみてみましょう。

 

転換でエントリーする場合のボリンジャーバンド

 

③のチャートでロングエントリーを考える場合、15分足、30分足、1時間足は下向きのボリンジャーバンド(チャート内の赤い四角の部分)が障害物となってします。

 

トレンドフォローを仕掛ける際は逆向きのボリンジャーバンドがあるとエントリーを控えることが無難と言いましたが、トレンド転換を狙う場合は逆向きのボリンジャーバンドを気にしていたらエントリーできません。なぜなら短期足でトレンド転換を狙う場合、上位足のボリンジャーバンドはほぼ逆向きになっていることが多く、転換を狙うということは、そういった障害となるものを打ち破っていくことになるからです。

 

 

では、③のチャートのその後を見ていきましょう。

 

2015.9.15USDJPY2その後

 

1時間足は逆向きの-1σで引っかかっていますが、15分足、30分足は③のチャートの四角で囲った所を抜けています(1時間足はこれから)。

 

 

こういったようにトレンド転換を狙う場合は、障害物を打ち破っていくため、逆向きのボリンジャーバンドは気にせずエントリーして行かなければなりません。

 

 

まとめ

トレンドフォローとトレンド転換のエントリーをする際のボリンジャーバンドの傾きを解説してきましたが、簡単にまとめると以下に集約されます。

・トレンドフォローでエントリーをしていくのであれば、上位足に進行方向と逆向きのボリンジャーバンドが間近にあるなら障害物となってしまうためエントリーを控える

・トレンド転換でエントリーをしていくのであれば、上位足に進行方向と逆向きのボリンジャーバンドが間近に合っても障害物を打ち破っていくので気にしない

 

こういった実践的な話を詳しく知りたい場合は、メルマガで一番スピーディーに公開していきますので興味があれば登録してみて下さいね。

 



%e6%96%b0%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e8%aa%98%e5%b0%8e%e8%a8%98%e4%ba%8b%e4%b8%8b  

利益を上げ続けるために

逆算して身に付けていく3つのポイントとは?

 

Midas FX公式メルマガでは一つ一つポイントを絞ってわかりやすくお伝えしています

   

さらに「Trade Workbook」「レンジブレイクアウト攻略法」

より具体的なスキル(手法やマルチタイムフレーム分析力)を身に付けることが可能です

「Trade Workbook」と「レンジブレイクアウト攻略法」は

メルマガ登録後すぐ手に入ります

 

Midas FX公式メルマガ登録【今なら無料】

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

今ならメルマガ登録で限定プレゼント!

高勝率「MA転換ロジック」はこちらから

管理人:メッシ(飯塚)

Midas FX YouTube 公式チャンネル